青かぶりについて

青かぶり。
後景や中景部分を青くきれいにすることは青抜きです。
それに対して前景まで青くなってしまい、被写体自身の色も出なくなってしまうことを青かぶりといいます。
青抜きしようとしてやりすぎると青かぶりします。

コンデジをオートで使っている人は、明るい所ではすぐ青かぶり〜悩まされましたね(^O^)

自然光が多い場所でFを開けたり、SSを遅くすると、たくさんの自然光が入ってきます。そうすると光の量はそれだけでもう充分な量になり、フラッシュにほとんど光るなという指令がカメラから出ます。

結果、写真の中は青い自然光だけになり、被写体自身も青に染まります。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
どのような時?

  • 自然光が多い場所。晴れた日。明るい浅場。白い砂地。
  • 絞りを開けている場合
  • SSを遅くしている場合

などにおきやすいです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
対処方法
原因は写真の中に青い自然光が多く、ストロボ光が少ないためです。
対処は自然光の量を減らして、ストロボが多く光るようにすればいい訳です。

  • まずSSを早くしていく
  • もしそれでも足りない場合のみFを絞る

です。

しかし、SSを同調限界まで早くしてもまだ青かぶりすることはまずありません。晴れた明るい浅場でF2.8などで撮っているときのみでしょう。
普通はSSを早くするだけで対処可能です。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
下の写真では、右下の部分は青かぶりです。(真っ白になっているのは、露出オーバーになってます。)

左上に行くにつれて青かぶりの影響はなくなって行きます。Fを絞るか、SSを早くなっているからです。ストロボが多く光り写真の中から青い自然光を追い出していくわけです。


   F32 F22  F11  F8  F5.6  F3.3(開放) 
 ss1/200
 ss1/125
 ss1/60
 ss1/30

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



IN THE STREAM
平井 泰重  Yasushige Hirai
ダイビングサービスHP
http://www5b.biglobe.ne.jp/~stream/
宿泊HP
http://www5b.biglobe.ne.jp/~stream/stay/
tel 098-987-3020
〒901-3402 沖縄県島尻郡座間味村座間味369


SINCE 20.OCTOBER.2009
(C) IN THE STREAM ALL RIGHTS RESERVED

inserted by FC2 system